THINK OF THINGS

  • NEWS
  • ABOUT
  • ITEMS
  • CAFE
  • STUDIO
  • ACCESS

NEWS

2017.10.21

THINK OF FILMS #1 『A Film About Coffee』

閉店後のカフェスペースを使った不定期の映画上映会を始めます。
第一弾はTHINK OF THINGSの核をなす、コーヒーにまつわる人びとの物語。
冬の入り口に、暖かいカップへ思いを馳せる豊かな時間を共に過ごしませんか?

------------------------------

<日時>
2017年11月11日(土)19:30~受付/20:00~上映
*上映までの時間は店内でショッピングもお楽しみいただけます。

<会場>
THINK OF THINGS 1F カフェスペース

<料金>
2,000円(1ドリンク付)*30席限定

<申込方法>
店頭 or メールにてお申し込みください。
メールの場合以下をご記入の上、info@think-of-things.com までお送りください。
①代表者氏名(ふりがな)/②人数 /③ご連絡先(メールアドレスか電話番号)
こちらからの返信を持って受付完了となります。

※カフェスペースでの上映のため、特段映画上映に適した椅子ではないことをご了承ください。

------------------------------

■上映作品

『A Film About Coffee』
(2014 年 / アメリカ / 66 分 / 16:9 / デジタル)

「究極のコーヒー」を求め、豆の選定、焙煎、ドリップ方法......様々なアプローチで追求するコーヒーのプロフェッショナルたち。本質を追い求める姿はまるで求道者のようだ。ここ数年で拡大を見せる、高品質で風味の優れた「スペシャルティコーヒー」の市場。その担い手たちは従来の"質より量"のコーヒー業界のカウンターとして、豆の生産地からカフェに至るまでのあらゆる場所に新たな経済の仕組みを息吹かせ始めている。コーヒーから始まるこの変革の姿を美しい映像とともに作り上げたのは、サンフランシスコ在住のCMクリエイター、ブランドン・ローパー監督。本作は自主制作映画でありながらも、世界30カ国108都市のコーヒー愛好者の手で自主的な上映会が開催され話題を呼び、ついに本国アメリカでも配給が決まった。コーヒーへの深い愛情が育んだ本作は、知られざる Seed to Cup(種からカップまで)の物語であり、琥珀色の神秘の液体の奥深い世界へいざなう招待状だ。観た後は、コーヒーがより身近に、より愛しく思えるだろう。

監督|ブランドン・ローパー

出演|ダリン・ダニエル(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)、マイケル・フィリップス(ハンサム・コーヒー・ロースターズ)、ジェームス・フリーマン(ブルーボトルコーヒー)、ケイティ・カージュロ(カウンター・カルチャー・コーヒー)、アイリーン・ハッシ・リナルディ(リチュアル・コーヒー・ロースターズ )、大坊勝次(大坊珈琲店) 、田中勝幸(ベアポンド・エスプレッソ)ほか

配給・宣伝|メジロフィルムズ

提供|シンカ/ヌマブックス/シャ・ラ・ラ・カンパニー

公式サイト|http://afilmaboutcoffee.jp/

------------------------------

主催:THINK OF THINGS
協力:田中裕之建築設計事務所

TOP