THINK OF THINGS

  • NEWS
  • ABOUT
  • ITEMS
  • CAFE
  • STUDIO
  • ACCESS

NEWS

2018.05.15

THINK OF FILMS #4 「ワイルド・スタイル」

閉店後のカフェ店内がミニシアターに。恒例の映画上映イベント「THINK OF FILMS」の第四回は、ストリートをテーマにお届けします。音楽、ダンス、グラフィティなどの複合カルチャーであるヒップホップは、その時々の時代性や社会課題を常に映す鏡のような現象といえます。人々の価値観が揺さぶられる大きな変化が渦巻く現代。ケンドリック・ラマーがピューリッツァー賞を受賞する今だからこそ、36年前に作られたこの作品から読み取れる新たなメッセージが見つかるかもしれません。

------------------------------

日時:2018年6月1日(金)19:30より受付/20:00より上映開始(上映時間82分)
会場:THINK OF THINGS 1F カフェスペース
料金:1,500円(当日受付にて1ドリンクオーダーをお願いいたします)
席数:25席

<申込方法>
Peatix、店頭、メールのいずれかにてお申し込みください。
メールの場合以下をご記入の上、info@think-of-things.com までお送りください。
①参加者氏名(ふりがな)/②人数 /③ご連絡先(メールアドレスか電話番号)
こちらからの返信を持って受付完了となります。

※上映までの時間は店内でショッピングもお楽しみいただけます。
※カフェスペースでの上映のため、特段映画上映に適したお座席ではないことをご了承ください。

------------------------------

上映作品『ワイルド・スタイル』 
<1982年/アメリカ/82分/スタンダード>

1983年に公開され、Nas、Public Enemy、Beastie Boysなど、影響を受けたと公言するアーティストは数知れず。DJ/ラップ/ブレイクダンス/グラフィティ・アートからなる「HIPHOPカルチャー」を全世界に広めるきっかけとなった伝説の映画。

1982年のニューヨーク、サウス・ブロンクスを舞台に、アンダーグラウンドの世界で自由に描くことと、仕事として華やかな表舞台で描くことの選択に思い悩むグラフィティ・ライターを描く。実際のグラフィティ・ライターやダンサー、DJ、ラッパーなどのアーティストが多数出演し、ヒップホップというムーブメントが生まれる瞬間を鮮明に伝えた金字塔的作品!

TOP