THINK OF THINGS

  • NEWS
  • ABOUT
  • ITEMS
  • CAFE
  • STUDIO
  • ACCESS
  • WHO WE ARE

NEWS

2019.08.26

THINK OF FILMS #10: タル・ベーラ監督『サタンタンゴ』公開記念トーク

25年の時を経てついに日本劇場初公開! 7時間越えの規格外映画を作る鬼才タル・ベーラとは何者か?

THINK OF THINGSのシアタープログラム第10回は、『ヴェルクマイスター・ハーモニー』『ニーチェの馬』などを手掛け、ジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントといった映画監督たちにも大きな影響を与えるハンガリーの鬼才タル・ベーラ監督が25年前に制作した伝説の大巨編『サタンタンゴ』の日本劇場初公開を記念してトークイベントを行います。知っている人も、そうでない人も、あらためてタル・ベーラとは何者なのか、 長尺映画の楽しみ方を考えながら『サタンタンゴ』 への期待に胸が膨らむトークプログラム。

これまでにパリ・ルーブル美術館やニューヨーク・MoMAでも公式上映され、その度に世界を驚愕の渦の中に巻き込んだという『サタンタンゴ』。今回の公開では、フィルムにこだわり続けてきたタル・ベーラ監督が初めて許可した4Kデジタル・レストア版での上映とあって、映像も音もこだわり抜いたファン必見のスクリーン体験となります。

本トークでは、映画作家・振付家・ダンサーの吉開菜央さんと映画ライターの小柳帝さんをお迎えし、長尺映画の中でも群を抜く7時間18分の『サタンタンゴ』 の魅力について、そしてこれまでに誰も真似することのできない唯一無二の世界観を作り続けてきたタル・ベーラその人について語っていただきます。そしてご来場の方へ特別に、本編映像の一部も披露いたします。映画界に絶大な影響を与えるタル・ベーラ。これを機にこの世界へ足を踏み込もうとしている人も、もうどっぷりはまっているよ!という方も、ぜひご参加ください。


---------------------------------

THINK OF FILMS #10:

タル・ベーラ監督作『サタンタンゴ』公開記念トーク

・日時:2019年9月5日(木)18:30開場/19:00開始(20:30終了)
・会場:TOT STUDIO( THINK OF THINGS 2F )
料金:1,500円(ご予約優先)
・登壇:吉開菜央(映画作家・振付家・ダンサー)x 小柳帝(ライター・編集者)


【ご注意】
・決済後のキャンセルおよびチケットの払い戻しはできません。
 チケットを譲渡される場合はこちらをご確認ください。
・全席自由。ご入場はPeatixのご予約番号順となります。

---------------------------------

<作品情報>
『サタンタンゴ』
 9月13日(金)よりシアター・イメージフォーラムヒューマントラストシネマ有楽町にて伝説のロードショー。
 監督・脚本:タル・ベーラ
 原作・脚本:クラスナホルカイ・ラースロー
 撮影監督:メドヴィジ・ガーボル
 音楽:ヴィーグ・ミハーイ
 編集・共同監督:フラニツキー・アーグネシュ
 出演:ヴィーグ・ミハーイ、ホルヴァート・プチ、デルジ・ヤーノシ、セーケイ・B・ミクローシュ、ボーク・エリカ、ペーター・ベルリング



<登壇者>
吉開 菜央
映像作家・振付家・ダンサー。生き物ならではの身体的な感覚・現象を素材に、「見て、聴く」ことに集中する時間を映画にしている。2015年に監督した映画『ほったまるびより』が文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞を受賞。『Grand Bouquet』は本年度カンヌ国際映画祭短篇部門に出品された。いずれも国内外の映画祭や展覧会で上映されている。MVの監督・振付・出演も行い、18年、日本中を席巻した記録的大ヒットソング 米津玄師『Lemon』のMVはダンサーとして出演している。

小柳 帝
ライター・編集者・翻訳者。映画・音楽・アート・デザインなどの分野を中心に執筆活動を行う。主な編・著者に『モンド・ミュージック』『ひとり』『EDU-TOY』『グラフィックデザイナーのブックデザイン』『ROVAのフレンチカルチャー A to Z』、翻訳書に『ぼくの伯父さんの休暇』『サヴィニャックポスター A-Z』がある。その他、CDやDVD、映画パンフレット等の解説多数。

主催/企画制作:THINK OF THINGS ビターズ・エンド

TOP