THINK OF THINGS

  • NEWS
  • ABOUT
  • ITEMS
  • CAFE
  • STUDIO
  • ACCESS
  • WHO WE ARE

NEWS

2019.09.03

THINK OF SONGS #15:DUO RUUT / jan and naomi

新しい音楽との出逢いをつくるコンサートシリーズ「THINK OF SONGS」。第15回は独自のカルチャーやテクノロジーで話題の国、エストニアで活躍する若きアーティストをお招きしてお送りします。

三年前に彗星のようにあらわれたAnn-Lisett RebaneとKatariina KiviによるDUO RUUTは、本国エストニアですでに数多くの音楽賞を受賞しています。二人が操るのは「エストニアの箏」といわれる民族楽器カンネル(Kannel)。彼女たちは、通常はひとりで演奏する一台のカンネルを、互いに向かい合って弾きながら合唱するという他にないスタイルを築き上げました。今回は日本で初めてのお披露目となる記念すべきコンサートとなります。
共演にはGREAT3のメンバーでもあるJanとNaomiによるデュオjan and naomiがラインナップ。中国ツアーやフェスへの出演などを経てますます磨き上げられた独自の世界観をお楽しみください。

---

『THINK OF SONGS #15: DUO RUUT / jan and naomi』
・日時:2019年9月26日(木)18:30開場/19:00開演
・会場:TOT STUDIO( THINK OF THINGS 2F
・料金:前売4,000円、当日4,500円
 *決済後のキャンセルはできません。
・出演:DUO RUUT、jan and naomi
・音響:Fly sound


DUO RUUT

"Ruut"はエストニア語で正方形の意味。3年前に鮮烈なデビューを果たした人気デュオ。若さから溢れ出る楽曲、年齢と相反する演奏技術の高さ、楽曲の円熟味、そしてその新たなスタイルに注目が集まっている。ある日何気ない偶然から、1台のカンネルを2人で演奏することになり、現在のスタイルに至る。そのプレイスタイルは奥深くかつ革新的な演奏方法であることを見出す。1台のカンネルをメロディーライン、倍音、パーカッションとして同時に演奏し、多種多様なサウンドを発生させる誰も思いつかなかった演奏スタイルを生み出した。

<受賞歴>
・2016年
 ムーステフォーク・ミュージックフェスティバル特別賞
・2017年
 ムーステフォーク・ミュージックフェスティバル最優秀賞
 セトフォーク・ミュージックフェスティバル特別賞
 ヴィリャンディ・フォークミュージックフェスティバル特別賞
・2018年
 ヤングトラディショナルバンド・コンペティション最優秀賞
 ヤングバンドコンペティション最優秀賞
 タリンミュージックウィーク特別賞
 Jazzkaarフェスティバル特別賞
 Võngeミュージックフェスティバル特別賞
 Intsikurmuミュージックフェスティバル特別賞




jan and naomi
Jan(Jan Urila Sas)とNaomiによるデュオ。 2018年4月には「Fracture」Avex/cutting edgeからリリース。2019年は映画「来る」(中島哲也監督)では楽曲がフィーチャーされ、3月には初の中国ツアーを成功させ、6月にFFKT 2019に出演。「狂気的に静かな音楽」というミュージック・スタイルを確立し、儚く切ないメロディーセンスでリスナーを虜にしている。

主催/企画制作:THINK OF THINGS
共催:Harmony Fields
後援:駐日エストニア共和国大使館
招聘/協力:株式会社シャ・ラ・ラ・カンパニー

TOP