THINK OF THINGS

  • NEWS
  • ABOUT
  • ITEMS
  • CAFE
  • STUDIO
  • ACCESS
  • WHO WE ARE

NEWS

2020.04.17

"MIDNIGHT SHOP"改め"MIDNIGHT GALLERY"オープン

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるTHINK OF THINGSの休業に伴い、毎週金曜夜のみオンラインでオープンするMIDNIGHT SHOPも、当面の間、販売は休止させていただいております。
お店としての通常の営業をしない中、今の私たちにできる方法で、生活の楽しみになるようなモノ・コトを届けたいという想いから、MIDNIGHT SHOPでは、4月17日より「オンライン販売」ではなく「オンライン展示」という形の新しい企画をスタートすることにいたしました。
-
"MIDNIGHT GALLERY"
様々なフィールドで活躍するアーティストのオンライン展覧会。
「夜」というテーマで、アーティスト自身がセルフキュレーションした作品たちを、週替わりでご紹介します。
アーティストの各々のスタイルで表現された「夜の世界」に誘われ、週末の始まりの特別な時間を感じて頂ければ幸いです。
https://think-of-things.shop
毎週金曜20:00〜土曜10:00
-

○参加アーティスト

4月17日 羽田誠(写真家)
4月24日 riya(切り絵作家)
5月1日 田渕正敏(イラストレーター)
5月8日 Tripod(菅原慎一、安永哲郎、小柳帝)
※各アーティストの作品は、公開日以降も、サイトオープン時はアーカイブとしてご覧いただけます。
-

・Tripod(菅原慎一、安永哲郎、小柳帝)

「MIDNIGHT MUSIC」

THINK OF THINGSの店内では、親しい人との会話や、ひとりの大切な時間、そしてちょっとした発見を楽しんでいただけるようなBGMを心がけてセレクトしています。今だけはショップもスタジオもその扉を閉じていますが、皆さまひとりひとりの夜に灯る明かりに想いを馳せながら、ほんの少しでも同じ時間を共有できるようなミュージック・プレイリストをご用意しました。選曲を担当するのは、TOT STUDIOで定期的に学びのイベント「Schoolyard Council」を開催しているユニット・Tripod=菅原慎一(シャムキャッツ)+安永哲郎(THINK OF THINGS)+小柳帝。深夜に届いた手紙を開くように、音楽をお楽しみいただけたらうれしいです。
*各プレイリストは、Spotifyのアプリケーション上でお気に入り保存して繰り返し聴くことが可能です。
-
Tripod
シャムキャッツのギタリストとしても知られるミュージシャンの菅原慎一、THINK OF THINGSのコンテンツ・ディレクターの安永哲郎、各方面で執筆活動を展開しているライター/編集者の小柳帝という、業/職種も世代も異なる三人が、これから共にイベントやグッズの企画・開発などを行なっていくためのチーム。それがTripod(トライポッド)です。
https://twitter.com/Schoolyard_
https://instagram.com/schoolyardcouncil
https://www.facebook.com/schoolyardcouncil/

IMG_2219.jpg

・田渕正敏(イラストレーター)

「SUN AND MOON」

主に音楽(Polaris, only in dreams, 細井美裕)アパレル(Kaiki)のために制作した絵を展示しました。2018年にGiftedというCDのジャケットビジュアルを制作して以降、同じテーマで今でも制作を続けています。
http://www.onlyindreams.com/disks/oid/gifted.html
Giftedというタイトルの通り、贈りものをテーマとした曲が集められています。誰もが受け取るギフトとして太陽の光と月の光をモチーフにビジュアルを描きました。夜、人々が異なる場所から同じ月を見上げているイメージです。部屋で過ごす時間が増えた現状の生活の中でも変わらず受け取ることができる不変のギフトがあります。
-
Masatoshi Tabuchi(illustrator)
主に音楽、ファッションのジャンルでペインティング作品を制作。グラフィックデザイナー松田洋和とともに"へきち"という活動体を立ち上げ、ディレクションを担うプロジェクトにも参加しています。2020年夏、イラストレーター10年目を迎える。
http://hekichi.info/

tabuchimasatoshi.jpeg

・riya (切り絵作家)

「MIDNIGHT ANIMALS」

真夜中の生き物達の
9つの夜の光景。

人間の時間から切り離された
どこかの森や湖、草原、海で、
日が落ちて体の輪郭が溶ける頃
暗闇の中からこちらを見ている瞳。

自然や動物からのインスピレーションを、繊細な切り絵に昇華させるアーティストriya。鮮やかに切り出された、真夜中の光景をお楽しみください。
-
riya
1985年アメリカ、シカゴ生まれ。
切り絵の手法で、動物や人間、波、雲、炎、星などのアイコンを並べ、
エコロジカルな視点を感じさせながら、どこか呪術的、民族的な作品を制作する。
原画での作家活動をベースに、雑誌イラストや映像作品、広告、テキスタイル、
ファッション、コラボグッズのデザインなど、切り絵で制作活動中。
http://riyaweb.com/index.html

IMG_2173.JPG

・羽田誠(写真家)

「いなくなると灯がともる」

ともるあかりは気配のあかし。
夜のひかりに影は深まる。
だれかの不在はどこかのともしびとなり、しずかに集う時を待つ。
朝のひかりに影は溶けゆく。

見過ごされていく「素」のものごとの中に風景を見出し続ける写真家・羽田誠による、夜のための展覧会です。
-
HADA MAKOTO 羽田誠
愛知県生まれ。日大芸術学部写真科卒。
流行通信THE STUDIO入社後、浅川英郎に師事。
その後フリーランス。CDジャケット、雑誌、広告などジャンルを問わず幅広く活動中。
作品集に『鳥は泳ぐ』『脈々』『Bumkuchen』『あのかどを曲がる頃』
makoto-hada.com

IMG_2139.JPG

TOP